Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が好きになった人は、おおかみおとこでした。

新規キャンバスookami



おおかみこどもの


見てきましたヾ(o゚ω゚o)ノ゙




追記はネタばれを含めた感想なので閲覧はご注意ください。





ここから先、クレームはお受けいたしません。






















































































































かんそう。

























最近涙腺の弱い私は雪の誕生シーンから定期ポストのように泣いていました^^^


花は女性の理想のカタチみたいで。
すべてを受け入れる優しいヒト。
どんな姿であっても「あなた」だから、って。
外見でなく「本質」でヒトを見つめることのできる素敵な女性。


映画の中でおおかみおとこは「よくわからない存在」で
最初から最後まで存在していた気がします。
「なんだったんだろう?」と。
でも彼からのメッセージはきっとすべて子供に表わされていたのかな、って思います。



そんな子供2人がとても印象的で。
狼のように野生的な幼少期を過ごした姉(雪)と、人間でありたいと願った幼少期の弟(雨)。
成長期になるにつれ、それぞれが選んだ道が出てきます。


花の、おおかみおとこの、そして雨と雪、それぞれが狼と人間との狭間でゆれる葛藤。

「人間ってなんなんだろう」

「生きるってなんなんだろう」

「共存ってなんなんだろう」

「愛ってなんなんだろう」

そんなことを、観た後に考えるような作品でした。


そして。
細田監督のストーリーと、それを支える技術専門スタッフの手がける
自然の大パノラマもやはり細田映画の魅力。
サマウォみたら長野いきたくなるし、この映画みたら富山行きたくなっちゃいます^v^

そうだ、富山いこう。笑

スポンサーサイト

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

TKT

Author:TKT
変態なんで放置しといてください。

最近の記事

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。